仮想通貨(ビットコイン)とは?【初心者】にもわかるように説明します

ゆう

こんにちは!ゆうです。
今回は仮想通貨/ビットコインについての記事になります。

仮想通貨/ビットコインという言葉を聞いたことがある人はたくさんいると思いますが、それで何ができるの?

と思ってる人も多いはず。

なので、今回は仮想通貨/ビットコインについてまとめてみました。

目次

ビットコインとは?

そもそもビットコインって何なの?と思っている人も多いと思います。

ビットコインとは仮想通貨の一種で『インターネット上で使用できる通貨』のことです。

誰が作った?

ビットコイン(以下BTC)は2008年10月に、ナカモトサトシと名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって提唱されました。

HEMkun

ナカモトサトシって誰?

このナカモトサトシという人物が、本名なのか、そもそも個人なのかも含め、正体は不明。

仮想通貨の仕組み

仮想通貨の仕組みは通常の法定通貨とは違い、管理するための国家や中央銀行のような組織が存在しません。

主に仮想通貨(ビットコイン)を扱う者同士によるP2P(ピアツーピア)方式が採用されていて、ユーザー同士で取引の情報が管理されています

P2P(ピアツーピア)とは

不特定多数の端末(スマホなど)がサーバーを介さずに、端末同士で直接データファイルを共有することができる通信技術、またはソフトウェアのことをいいます。

イメージ図

仮想通貨の特徴

仮想通貨の代表であるビットコインを基準にまとめました。

中央管理者が存在しない

法定通貨とは違い仮想通貨には基本的に管理者が存在しません。

HEMkun

じゃあ、どうやって管理してるの?

仮想通貨(ビットコイン)ではP2Pでトランザクションを参加者全員で監視するブロックチェーンという仕組みによって管理しています。

トランザクションとは

『ここからここまでがワンセット』と言うように、分割できない一連の流れのことをいいます。

換金ができる

電子マネーの場合は日本円などの法定通貨に換金することができない仕組みになっていますが、仮想通貨ではその時点での時価で売買をすることができます。

仮想通貨で何ができる?

仮想通貨の具体的な利用用途は次のとおりになります。

BTCでは決済手段やプリペイドカードにチャージしたりできますが、現在大部分の人がBTCを売買して儲ける。

ということに使っているのではと思います。

他の主要な金融商品に比べても、BTCはボラリティが圧倒的に高くハイリスクですが、ハイリターンを狙えるため多くの投資家が売買を行なっているみたいです。

投資・投機

仮想通貨は価格が固定されていないので、投資の対象となっています。

なので、将来有望と思える仮想通貨の価格上昇、または下落を見込んで投資を行うことで利益を得ることができます。

また、仮想通貨FXを利用することで、価格が下落したときにも収益を得ることができるようになります。

※投資に関しては、取引で損失を出すこともあるので相応の注意が必要です。

送金・決済

仮想通貨は所有権の転移ができるので、決済にも使うことができます。

仮想通貨決済に対応した店舗やウェブサイトでは仮想通貨を利用したショッピングもできます。

また、仮想通貨で海外に送金することで、手数料をおさえることもできます。

BTCで初めての決済されたのは?

現実社会でBTC決済が行われたのは2010年5月です。

何に使われたかというと、ピザ2枚を10,000BTCで購入。

当時(2010/05/22)の1BTCの価格はおよそ0.0025ドル。

同じ日の為替が1ドル約90円だったので、当時の10,000BTCの価格は約2200円程度。

当時のピザ2枚の代金が約25ドル。

なので、ほぼ等価で交換されていることが分かります。

ただ、現在の価格に換算すると・・・

現在(2021/11/16・22:00)の1BTCの価格は6,890,317円なので、

6,890,317×10,000=68,903,170,000

約690億・・・となります。Σ(・□・;)

仮想通貨の技術的な構成

仮想通貨の代表であるBTCを基準に技術的な構成を整理してみます。

BTCは銀行のような第三者機関の仲介を必要とせず、インターネット上で価値を取引することを可能にする仕組みです。

その仕組みを端的に説明すると、『公開鍵暗号方式』によって第三者のなりすましを防止し『ブロックチェーン』によって当事者の二重払いを防止。『マイニング』によってブロックチェーンの運営に貢献したマイナー(採掘者)にマイニング報酬という経済的インセンティブを提供したことがポイントになります。

次に構成について説明していきます。

公開鍵暗号方式

公開鍵暗号方式とは暗号化と復号化に別々の鍵を使用して、暗号化の鍵を公開できるようにしたのが暗号式になります。

この公開鍵暗号方式では『公開鍵』と『秘密鍵』というペアの鍵を発行している。

公開鍵は秘密鍵から生成されますが、その逆はできません。

つまり、公開鍵は誰でも自由に使うことができるが、秘密鍵はその鍵の所有者のみ使うことができるということです。

BTCで例えるなら、送金するときに『アドレス』という宛先を指定するための文字列を公開鍵から生成します。

誰でも使用できる『公開鍵』をアドレスの生成に使い、ユーザー本人しか使うことのできない『秘密鍵』を取引実行のための署名に使うことでなりすましを防止しています。

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術はビットコインの取引を記録する分散型台帳を実現するためのテクノロジーとして、BTC開発の過程で生まれました。

取引データは『トランザクション』といい、複数のトランザクションをまとめたものをブロックといいます。

このブロックが鎖(チェーン)状になったデータ構造がブロックチェーンという名前の由来になります。

ビットコインは何処で買える?

ビットバンク

ビットバンクはシンプルで軽量。しかも高い機能性を備えたスマートな取引所です。

全暗号資産(仮想通貨)取引所中 取引量 国内No.1

高い流動性で快適なトレードを。

取引通貨は豊富な11種類。

取引可能通貨

・ビットコイン ・イーサリアム ・リップル ・ライトコイン ・モナコイン ・ステラルーメン

・ビットコインキャッシュ ・クアンタム ・ベーシックアテンショントークン ・オーエムジー 他

セキュリティ国内No.1

オフラインのコールドウォレット採用。

マルチシグでハッキング対策も万全。

リアルタイムで日本円入金が可能

土日を含めた24時間、リアルタイムで入金を実現。

bitFlyer(ビットフライヤー)

様々な手数料が無料

☑︎アカウント作成手数料

☑︎販売所全通貨売買手数料

☑︎ビットコインFX取引手数料

☑︎住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料

詳細はこちら

少額取引、100円から始められる

ビットコインやリップル、モナコイン、イーサリアムなど、人気な15種類の仮想通貨が少額から始められます。

取引可能通貨

・ビットコイン ・イーサリアム ・ライトコイン ・リップル ・ネム ・モナコイン ・ステラルーメン 

・ビットコインキャッシュ ・イーサリアムクラシック ・ベーシックアテンショントーク 他

最短即日で取引可能

1・メールアドレス登録

2・本人に関する情報を入力

3・本人確認書類提出

4・取引開始

コインチェック

取引アプリは直感的な操作ででき、500円からの少額取引が可能。

各手数料も無料なので初心者さんにも最適。

取引通貨は国内最多

取引可能通貨

・ビットコイン ・イーサリアム ・ライトコイン ・リップル ・ネム ・モナコイン ・ステラルーメン

・ビットコインキャッシュ ・イーサリアムクラシック ・ベーシックアテンショントーク 他

DMM Bitcoin

アプリの使いやすさで言えば、FX取引で実績のあるDMM Bitcoinもおすすめ。

サーバーも安定稼働しているし、セキュリティっもしっかりしていて安心。

12種類から選べる暗号資産・レバレッジ取引の取り扱い数 国内No.1

取引可能通貨
現物取引

・ビットコイン ・イーサリアム ・リップル ・ビットコインキャッシュ 

・ライトコイン ・ステラルーメン

レバレッジ取引

・ビットコイン ・イーサリアム ・リップル ・ビットコインキャッシュ ・ライトコイン

・ステラルーメン ・イーサクラシック ・ネム ・ベーシックアテンショントーク 他

徹底したセキュリティ

オフラインでのコールド保管を始め、様々なリスクに備えたセキュリティであなたの大切な資産をしっかりガード。
詳しくはこちら

ビットコインの価格

ビットコインの今までの価格推移

2009年 0.07円 / 2010年7月 7円 / 2011年 1500円 / 2012年 1000円

2013年 12万円 / 2014年 6万5千円 / 2015年 3万3千円 / 2016年 7万円

2017年 200万円 / 2018年 110万円 / 2019年 100万円 / 2020年3月 52万円

2021年10月 730万円

まとめ

2010年7月(7円の時)に千円買っていたら、今は10億超えになってますね。

2017年から2018年にかけては仮想通貨が大きく上昇したことで、『億り人』と呼ばれる人もたくさん登場しました。

ただ、仮想通貨は価格のアップダウンが激しく、投資としてはハイリスクハイリターンです。

なので、余剰資金での売買をおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる