【初心者向け】Meta Mask(メタマスク) アプリで簡単登録

・メタマスクって何?

・登録の仕方がわからない

NFTやブロックチェーンゲームを始めようとしたときにMeta Mask(メタマスク)という言葉を聞きますが、何なのかわからない人も多いのではないでしょうか?

今回はこんな悩みを解決していきたいと思います。

この記事を読みながら進めれば、初心者の方でもメタマスクの登録がサクッと出来てしまいますよ。

この記事で分かること

・メタマスクはイーサリアム系仮想通貨ウォレット

・メタマスクでトークンをスワップしたり、さまざまなプラットフォームに接続できる

仮想通貨を購入・送金したりするのはアプリの使い方が簡単なコインチェックがおすすめです。

口座登録は簡単に出来ますが、まだの人はこちらの記事を参考にして下さい。

目次

メタマスクとは?

メタマスクは、イーサリアム系ブロックチェーンの通貨やNFTを一括で管理できるソフトウェアウォレット(財布)です。

さまざまなプラットフォーム、例えばOpen See(オープンシー)やブロックチェーンゲームなどにも簡単に連携させることが出来ます。

ゆう

登録は無料で、簡単に出来るのでサクッとやっちゃいましょう。

メタマスクの登録方法

早速メタマスクを登録してみましょう。

ゆう

画像付きで説明していくので、この記事を読み進めることで簡単に登録出来ちゃいますよ。

まずはApp Storeでメタマスクを検索・ダウンロードします。

それでは、ここからは画像付きで説明していくのでササッと終わらせましょう。

STEP
ウォレットの作成

【新しいウォレットの作成】をタップ

STEP
パスワードの作成

新しいパスワードとパスワードの確認の欄に任意の英数字を入力(同じものを入れる)

【メタマスクではこのパスワードを復元できないことを理解しています】にチェックを入れて、【パスワードの作成】をタップ

STEP
ウォレットの保護

動画でリカバリーフレーズについての解説を見ます。

STEP
シークレットリカバリーフレーズを書き留める

【表示】をタップするとリカバリーフレーズが表示されるので忘れないように書き留めます。

書き留め終わったら【続行】をタップ

STEP
シークレットリカバリーフレーズを確認

さっき書き留めたリカバリーフレーズを順番通りにタップしていきます。

全て入力したら【バックアップの完了】をタップ

STEP
完了

これでメタマスクの登録は完了しました。

カスタムRPCの追加

メタマスクではネットワークを追加することで対応可能なチェーンを追加することができます。

追加の仕方

ゆう

ネットワークの追加はとても簡単なので、必要ならサクッとやっちゃいましょう。

メタマスクを開いてメニュー・設定をタップします

ネットワーク・ネットワークの追加をタップ

必要事項を入力して追加をタップ

以上で完了です。

必須項目ではないので、自分が使う用途に合わせて追加していってください。

polygonネットワーク

Open Seaなどで使われているポリゴンの場合はこちらを追加します。

ネットワーク名:Polygon-mainnet

RPC URL:https://rpc-mainnet.maticvigil.com/

チェーンID:137

シンボル:MATIC

ブロックエクスプローラーのURL:https://polygonscan.com/

BSCネットワーク

ネットワーク名:BSC mainnet

RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org/

チェーンID:56

シンボル:BNB

ブロックエクスプローラーのURL:https://bscscan.com

Avalancheネットワーク

ネットワーク名:Avalanche C-Chain

RPC URL:https://api.avax.network/ext/bc/C/rpc

チェーンID:43114

シンボル:AVAX

ブロックエクスプローラーのURL:https://cchain.explorer.avax.network/

まとめ

メタマスクを導入することで、NFTの購入やトークンのスワップ。

出来ることも広がります。登録は無料で出来るので、時間があるときにやっておきましょう。

今回はアプリでの登録の仕方を紹介しましたが、ブラウザ版も殆ど変わらないので、使いやすい方で登録してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる