NFTは無料で作成できるの?【OpenSea(オープンシー)】

波の絵

今世界中で話題になっているNFT。そのNFTの売買ができる世界最大規模のマーケットプレイスが『Open Sea(オープンシー)』です。

※マーケットプレイスとは

売り手と買い手が自由に参加できるインターネット上の取引市場のこと。

NFTには興味が有るけど難しそう。

お試し感覚で出品してみたい。

こんな人に向け、メタマスクの登録方法やNFTを無料で作成・出品する方法を画像付きで詳しくまとめてみました。

目次

Open Seaとは

世界最大規模のNFTマーケットプレイスで、2017年12月からサービスが始まりました。

ゆう

この記事を読むとこんな事がわかるよ。

この記事からわかること

● OpenSeaとは最大手のNFTマーケットプレイスである

● Open Seaを使うにはメタマスクの準備が必要である

●NFT購入にはイーサリアムを使う

● polygonネットワークへの切り替え方法

NFTのマーケットプレイス

NFTとはNon Fungible Token(ノンファンジブルトークン)の略語で、日本語では非代替性トークンと言われ、暗号資産(仮想通貨)と同じく、ブロックチェーン上で発行・取引されています。

NFTマーケットプレイスとは、NFTを売買するネットサイトです。

有名人の作品を購入できる

Open Seaでは、有名人の作品を購入することができます。

日本人の作品

●村上隆(現代アーティスト)

アーティスト、カイカイキキ代表。世界トップランカーの現代美術作家として、展覧会のみならずファッションブランドやミュージシャンとのコラボレーションなど、精力的な活動を続けている。

●せきぐちあいみ(VRアーティスト)

VR空間に3Dアートを描いている。アート制作やライブイベントでのパフォーマンスなど日本を中心に世10ヵ国で活動。

有名人の作品はオークション形式で出品されることが多く、Open Seaに登録さえすれば誰でも参加・購入できます。

Open SeaでNFTの売買をするにはイーサリアムが必要です。

イーサリアムを購入するなら、国内仮想通貨取引所のコインチェックがおすすめです。

初心者でも簡単に仮想通貨を購入できるので、ぜひこの機会に口座開設をおすすめします。

Open Seaの特徴

ここではOpen Seaの特徴について描いていきます。

Open Seaの特徴

●NFTを無料で簡単に作成できる

●シンプルな操作性で使いやすい

●ロイヤリティや販売方式を設定できる

●日本語にも対応している

NFTが無料で簡単に作成できる

パソコンやタブレット・携帯で、誰でもNFTを作れます。

NFT作成時に他のマーケットプレイスでは、イーサリアムの手数料であるガス代が発生することが多いですが、Open Seaでは無料で作成することが可能です。

自分のNFTを試しに作ってみたいという方にはちょうどいいですね。

シンプルな操作性で使いやすい

NFT売買が初めての方でも問題なく利用できます。

また、日本語にも対応しているので、日本人ユーザーにとっても使いやすいサービスになっています。

ロイヤリティや販売方式を設定できる

ロイヤリティとは2次販売されたときにNFT作成者に支払われる報酬の割合のことです。

ロイヤリティを設定することで、作品が転売されたときも一定の割合を報酬としてもらえるようになります。

NFTの販売方式は固定価格とオークション、グループ販売の3種類から設定できます。

自身の取引スタイルに合わせて選択できます。

日本語にも対応している

主な操作は日本語に対応しているので、あまり不便さを感じることはありません。

イーサリアムを購入するなら、国内仮想通貨取引所のコインチェックがおすすめです。

Open Seaの始め方

事前準備

Open Seaを利用するにはウォレットが必要になってきます。

ウォレットとは『暗号資産(仮想通貨)専用の財布』のことで、暗号資産(仮想通貨)を保管する場所です。

Open Seaで使えるウォレット

●WalletConnect(ウォレットコネクト)

●MetaMask(メタマスク)

●CoinbaseWallet(コインベースウォレット)

●Fortmatic(フォートマティック)

Open Seaでは上記のようなウォレットが使えますが、今回はMetaMaskを使っての説明になります。

メタマスクに登録【iPhone・iPad】

AppStoreでメタマスクをダウンロードしておいてください。

ダウンロードができたら、アプリを開き『開始』をタップしてセットアップを始めます。

まずは『パスワードの設定』です。

ここで設定するパスワードは仮想通貨を管理する上で重要なものなので、絶対に忘れたり、人に教えたりしないようにしましょう。

パスワードの設定が終わったら、次は『シードフレーズ』の設定です。

このシードフレーズはアカウントを復元するのに必要なものです。

次にシードフレーズを確認しますが、これは必ず保管して、誰にも知られないようにしましょう。

表示をタップすると入力画面になるので、先ほど控えたフレーズを順番に選んでタップします。

これで設定は完了になります。

次の画面で『同意します』をタップするとウォレットが使えるようになります。

しかし、メタマスクの初期設定はイーサリアムネットワークになっていますので、このままだとガス代がかかってきます。

無料で売買するにはポリゴンネットワークに切り替える必要があります。

コレクションの作成

iPhoneやiPadの場合はメタマスクのブラウザから操作をします。

① メタマスクを開き左上のメニューをタップします。

② ブラウザーをタップします。

③ Open Seaの公式サイトに接続します。

④ 右上のメニューをタップします。

⑤ Account(アカウント)をタップします。

⑥ My Collections(マイコレクション)をタップします。

⑦ コレクションのイメージ設定をします。

コレクションの情報として、ロゴ画像・アイキャッチ画像・バナー画像を設定します。

●ロゴ画像:コレクションのアイコンとなる画像です。

●アイキャッチ画像:コレクションの一覧ページなどに表示される画像です。

●バナー画像:コレクションページの上部に表示される画像です。

⑧コレクションの情報を入力します。

●Name:コレクションの名前を入力します。(なんでも大丈夫です)

●URL:コレクションのURLを編集できますが、初期設定のままで大丈夫です。

●Description:コレクションの説明文を入力します。

●Categoryカテゴリーを選択します。(とりあえずart を選択で大丈夫です)

●Links:自分のサイトやSNSがあればURLを入力します。(未記入でもOK)

●Royalties:ロイヤリティを0〜10%の範囲で決めます。

●Blockchain:ブロックチェーンを選択します。

初期設定でイーサリアムになっているので、ガス代を節約したいならpolygonを選択する

●Payment tokens:支払い通貨を選択します。(初期設定のイーサリアムのままで大丈夫)

●Display theme:テーマ表示を選択します。(初期設定のままで大丈夫)

●create:決定をタップします。

これでコレクションが出来ました。

NFTの作り方と販売・出品方法

次にNFTアートの作り方や販売・出品方法になります。

オリジナルアートを準備する。

NFTアートの作品については、デジタルアートだけでなく、音楽・映像・画像など何でも構いません。

著作権を侵害する作品を除きます。

デジタルアートはibisPaintやMediBangPaint、8bitPainterなど何を使って描いても構いません。

NFTの作成をします

メタマスクのブラウザでOpen Seaを開き、Createをタップします。

作りたいアイテムを選びます。

アイテム情報の入力をします

アイテムの名称・外部リンク・詳細説明・コレクションを設定します。

●Name:アイテム名を設定します。

●External Link:自身のHPなどを持っている場合はここにURLを入力します。

(必須ではないですが、入れておくとアイテムの説明にもなります。)

●Description:アイテムの詳細説明になります。

●Collection:アイテムを登録するコレクションを選択します。

付加情報の登録をします

必須項目ではないので、何もしなくても大丈夫です。

●Properties:項目を追加することで、アイテムページに表示する追加の詳細情報を登録できます。

●Levels:プログレスバーの形で表現できる数値特性を追加出来ます。

●Stats:Levelsと同じく数値特性になりますが、こちらはテキストとして表示されます。

取引に関する設定をします

●:出品アイテムがセンシティブなものに該当する場合は『Explicit&sensitive content』にチェックを入れます。

●:Supply:販売可能なNFTの上限数を設定します。

●:Blockchain:アイテムの販売に利用するブロックチェーンの種類を選択します。

※ポリゴンネットワークで出品する場合はトークンをポリゴンに設定します。

NFTアイテムの凍結について

●Freeze metadata:NFTに含まれる全てのコンテンツを永久に凍結し、分散ファイルストレージに保存するための設定です。

全て設定し終わったら、『Create』をタップします。

これでNFTアイテムの登録が終わりました。

出品方法

アイテムの登録まで終わったので、次はOpen SeaでNFTアートを販売してみましょう。

Open Seaでは販売方式として、『固定価格』と『オークション形式』から選ぶことができます。

NFTアイテムの出品

NFTアイテムの出品をしてみましょう。

① 登録したNFTアイテムページの下部にあるSellをタップします。

② 出品価格・販売期間・その他付加情報の設定をします。

●Price:出品価格を設定します。トークンの種類、金額を入力します。

●Schedule listing:販売期間を設定します。

●Sell as a bundle:複数のアイテムをバンドル販売するための設定をします。

バンドル:『まとめ売り』のことです。

●Reserve for specific buyer:オプションとして、購入者を指定することが可能です。

② Complete listingをタップします。

③ Signをタップします。

④ 署名をします。

これでOpen Seaに出品出来ました!

まとめ

ゆう

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Open SeaでのNFTアイテムの作成から出品まで一通りの流れを説明してきましたが、結構簡単にできますよね。

これから、NFT熱は加速していくと思うので、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

波の絵

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる